2018年04月26日

4月30日(月・祝) 『古事記の精神 ワークショップと発表会』のご案内


29595453_2378027412222831_6821932915510504812_n.jpg

来週月曜日(祝)に大阪の阿倍野で行はれる『古事記の精神』のご案内です。
 
我が国の第一の古典「古事記」には、宇宙のはじまり(あめつちのはじめ)、そして日本といふ国のはじまりが語られてゐます。
 
それは、神々の物語りであり、さらにはこの国の精神を伝へる、まことの意味での歴史書であり、人生を根柢で支へる、まことの文学書であります。
 
現代を生きるわたしたちにとつて、この古典は何を意味するのでせうか。
 
共に、語りあひ、考へ、そして言語造形を通してご一緒に原文を声に出して響かせてみませう。
 
最後には、「ことばの家 諏訪」において稽古を重ねて来たお二人の生徒さんによる発表会をいたします。
 
「天地(あめつち)のはじめ」から「イザナギ・イザナミのくだり」に至る、「古事記」原文そのままの語りを詩劇といふスタイルで、観て聴いていただきます。
 
「古事 (ふること) 」を描く「古言 (ふること) 」の力を直接、感じていただけたらと希つてゐます。
 
そして、かういふ古典を、未来を生きていく子どもたちに親しんでもらひ、そのまま原文の文章を口ずさんでもらへるやう、何らかの形で教育に働きかけていくことができたら、この日がそのためのひとつのきつかけになつたら。
 
そんなわたしたちの国語教育、歴史教育、その仕事の第一日目としていきます。
 

 
●言語造形ワークショップ: 諏訪耕志
 
●言語造形発表
中田ゆかり
高橋好美
 
●クリスタルボール演奏
玉井澄恵
 
●日時: 
4月30日 (月・祝) 
13時45分開場 14時始まり 16時終了予定
 
●場所: 
大阪市阿倍野区民センター一階 集会室1
http://abeno-cc.net/facilities/access_map
地下鉄谷町線「阿倍野」駅E号出口から南へ100m
阪堺電車上町線「阿倍野」駅から南へ180m
地下鉄御堂筋線「天王寺」駅から南へ800m
 
●参加費: ご予約3000円  当日3500円
 
●お問い合わせ・お申込み: 
「ことばの家 諏訪」 
https://kotobanoie.net/access/
 


posted by koji at 21:56 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。