2018年03月15日

ことばと子どもの育ち(4) 〜ことばの芸術?〜


渡部審也「猿曳図」1898年.jpg
絵 渡部審也「猿曳図」


学校がなくとも、特別な教育施設がなくとも、子どもがこの世に生まれてきて最初のおおよそ七年間、昔の日本の多くの親たち、大人たちは、その幼な子に「芸術的なことば」をふんだんに聴かせてゐました。

「芸術的なことば」?

それは、わらべ歌であり、子守唄であり、労働歌であり、祭りのときの唱へ事、祝詞、わざをぎ(お芝居)であり、そして、昔話、語り物、人と人との語り合ひでした。

頭からの知性をもつて世間を切り回し、生き抜いていく現代ではなく、手足を精一杯働かせて暮らしを生きる日々の連続。そんな昔の日本でした。

その手足の運動から流される汗、胸のはづみ、こころのときめきから発せられる声、さういつたものが浸み渡つてゐた毎日。

子どもたちは、それらリズムに満ちて、素朴だけれども伸びやかなメロディーに彩られたことばの芸術を、からだ一杯に享受してゐました。

テレビもラジオもインターネットもない時代が何百年、何千年、続いたのでせう。

人の生の声で、手足を活き活きと働かせながら、発せられる歌、お話、語らひ。

これほど、ダイレクトな芸術はなかつたのではないでせうか。

生まれてから歯が生え変はるまでのおおよそ七年間、そのやうなことばの芸術に包まれ、抱きしめられながら、多くの日本の幼い子どもたちは、ゆつくりと大きくなつていつたのです。

そして、子どもたちの内側で、ことばを聴く力、ことばを話す力、ことばで考へる力がゆつくりと育つていつたのです。

さて、わたしたち現代人は、この現代的な環境、生活スタイルの真つただ中で、あらためて、どのやうにして、このことばの芸術からの恵みを取り戻すことができるでせうか。




posted by koji at 10:50 | 大阪 ☀ | Comment(0) | ことばと子どもの育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。