2017年06月28日

山の姿をした樹木 〜鹽竃神社を訪ねて〜


IMG_0470.JPG


鹽竃(しほがま)神社。
 
和歌山駅から車で20分ほどのところの和歌の浦と呼ばれてゐる海辺の神社に夫婦でお参りしてきました。
 
御祭神は、山幸神を竜宮へといざなはれた鹽槌翁尊(しほづちのおじのみこと)です。
 
この社は「輿の窟(こしのいわや)」と呼ばれてゐた岩穴の中に鎮座されてゐます。
 
その薄暗い岩の壁を見ると、それは巨大な樹木の根そのものでした。
 
この社の御神体は、山の姿をした巨大な巨大な樹木でした。
 
写真に写つてゐるこの山がすべて樹木からできてゐるやうでした。
 
この山の頂上に登ることができました。
 
岩肌がすべて樹木でした。
 
そもそも生きて動いてゐた植物状態の地球が、だんだんと死したものとなつて固体化してゐるのが、わたしたちが足の下に踏んでゐる土や岩石なのでせうが、このやうに山まるごとが樹木であつた面影をまざまざと残してゐること、そして、その山に包まれるやうにひっそりと鎮まつてをられる鹽竃(しほがま)神社に、驚嘆と畏怖の念ひを抱きました。
 
聖さを湛へたそのひそやかな穴の中の空間で、しばらくわたしたちはじつとしてゐました。


IMG_0408.JPG

IMG_0447.JPG



posted by koji at 22:52 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 神の社を訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。