2017年01月11日

日本文學を源流から辿る 〜2017年度 ことばの家 活動豫定(2)〜


訂正古訓古事記上一.png


 
ことばの力に滿ち滿ちてゐる、
日本古典文學の魅力を新しく見いだしていくこと。
それが、これからの「ことばの家」からの新しい提案です。
 
わたしたちの學び舎での學びは、
作品の解釋から入つていくのではありません。
言語造形を通して、
作品の一文一文に體當たりしていくかの如く、
我が身をもつて聲を響かせ、手を動かし、
足を運び、こころを躍動させるのです。
 
そのやうにして、からだとこころまるごとで、
語り、謠ひ、演じていくことで、
古典文學の魅力を理屈拔きに實感していくことができるのです。
 
そこからこそ、作品との對話が始まります。
各々の作品がその祕められてゐる祕密を明かし始めてくれます。
ことばに込められた作者と時代の精神とが、
ものものしく語り始めてくれます。
 
それは、
わたしたち日本人のこころの歴史を探つていく試みなのです。
それこそが、わたしたち日本人の歴史、國史といつていいのです。
 
文學研究は、
文學を藝術として樂しみ、味はふことから始まり、
それは歴史を知ることへと續く道なのです。
文學とは、ことばの藝術であり、歴史であり、
わたしたちの道なのです。
その道は、
わたしたちを時に慰め、時に勇氣づけ、時に奮ひ立たせます。
そして、現代に生きるわたしたちを、
遠きご先祖の方々、先つ祖の方々と繋ぎます。
更に、未來を生きる若い人たちに、
わたしたちはこの國の美しさ、氣高さを、
誇りをもつて傳へていく義務があります。
 
言語造形を通しての日本古典文學の學び。
それは、
わたしたちをあらたに日本人としていく學びでもあります。
 
そして、母國語への愛を改めて意識的に育み、
母國語からの愛をわたしたちがまるごと十全に感じていく文化を、
まづは大人たちが取戻し、
そして子どもたちへの教育へとその愛を注ぎ込んでいく。
そんな仕事が待つてゐるのです。
 
神寂びて 調べ息づく ことのはを 我も語らむ やまとの空に 
諏訪耕志

 

火曜・日本神話舞台クラス(月四囘)
「古事記の傳へ・萬葉のいのち 〜言語造形で甦る我が國の神話と歴史〜」

 
古事記(ふることぶみ)、そして萬葉集などから、
我が國の神話と歴史を、
語り物として、演劇として、詩劇として、舞台化するべく、
言語造形に取り組んでいくクラスです。
 
舞台藝術として、
我が國の文化の源流である神話と歴史物語に取り組み、
あわせて、
ルドルフ・シュタイナーの舞台藝術論を學んでいきます。
5月から約一年かけ、
2018年のゴールデンウィークの上演を目指しつつ、
參加される方各々、ご自身の中で、
我が國の神話と歴史が、
己れの物語として、己れの詩として、
根附いていくことが希まれてゐます。
                      
              言語造形指導 諏訪耕志
 
 
お稽古日時  
2017年5月9日より毎週火曜日(月四囘) 10時〜13時
 
 
お稽古場所
ことばの家 
 
 
お月謝
毎月15,000円 (資料代、衣裝代、發表參加費含む)
 
 
お申込み  
ことばの家 
 
 
 
 
 

金曜サロン(月一囘)「萬葉のいのち 〜萬葉集を學ぶ〜」
 
言語造形を通して、萬葉歌を謠ひ、聽き合ひ、
からだまるごとでその感情と精神を感じることで、
我が國の歴史に潛むこころざしを探つていくためのサロンです。
 
千三百年以上前の日本語は、
わたしたちに意味を越えたことばの藝術性、
云はば、言語音樂、言語造形を響かせてくれます。
 
歌に祕められてゐる想ひの深さ。
その歌の背後にある歴史の必然の流れ。
ことばの精神・言靈と、我が國固有の信仰との、重なり。
 
さう云ふ日本文化の根柢となるものを新しく學んでいきませう。
 
我が國最古の詩歌集『萬葉集』は全20卷からなつてゐます。
第一卷から始め、毎月一卷づつ進んでいきながら、
その卷の中のいくつかの歌を取り上げ、
皆さんと共に言語造形を通して味はつていきます。
 
古來我が國で營まれてゐた、
ことばの美を愛し、追求していく、
文學サロンのやうな趣きを湛えるクラスです。
          言語造形指導、萬葉集講義 諏訪耕志
 
 
日時  2017年4月より第三金曜日  10時〜13時
 
 
場所  ことばの家 
 
 
參加費   毎囘3,500円  連續6囘 18,000円
 
 
お申込み  ことばの家 

IMGP5868.JPG


 


posted by koji at 18:12 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。