2016年12月28日

日本の家庭 (三・完) 〜父の姿〜


IMGP4922.JPG

 

この連載の第一囘目に、
大東亞戰爭の敗戰以前の、
日本の家庭觀、父親像に就いて考へてみたいと書きました。
 
それは、さう云ふ家庭觀、父親像に、
わたし自身が人間と云ふ存在の美しさを感じるからなのです。
 
わたし自身、昭和三十九年(1964年)と云ふ、
高度經濟成長期の眞つ只中に生まれたのにも關はらず、
自分の父親からそこはかとなくそのやうな像を感じてゐたからかもしれません。
 
以下の考察は、
保田與重郎全集第二十二卷収載の『日本の家庭』から、
わたしが自由に書き起こしたものです。
 
仁義禮智忠信孝悌と云つた徳目や神佛への信仰を、
道徳と云ふ形で荷つてゐたのは、昔の日本の父親でした。
 
父は先祖祭りを儀式として荷ひ、
母は祭りの團居(まどひ)に從事してゐました。
 
昔の日本の父は、
現世的な權力や威力によつて、
子弟たちを教育しようとすることは決してなく、
常に神棚と佛壇の前からものを言ひました。
祖先の靈から始まる、幾世もの先つ祖の、
更におほもとである神々を嚴重に信奉しました。
 
汝も日本人ではないのか。
 
祖先の靈をどう思つてゐるのか。
 
そのやうな數少ないことばと、位牌をもつて、
家の道徳、國の道徳を、守つてゐました。
それは決して、
理屈や教義によつて説かれたのではありませんでした。
 
日本の父のそのやうな無口が、日本の支柱でした。
 
そして長男は、父からの神聖な根據に立つ威嚴を具へるやうな、
家を精神的に繼いでいく存在として教育されてゐました。
 
次男、三男は、きつと家庭に因りますが、
軍人として、官吏として、商人として、
願はくば國の恩、世の中の恩に仕へ奉ろうなどと考へられてをりました。
 
しかし、明治の文明開化の代から始まるわたしたちの歴史は、
そのやうな父の意志、意力を、
だんだんと無口な悲しさへと追ひこんで行つたことを教へてくれます。
 
異國風の新しい教育學や思想に對面せざるを得なくなり、
以前よりいつさう無口になつて己れの信ずる祖先の靈と共に悲しんでおりました。
 
日本の家庭に於る教育環境を司り、
教養階級そのものであつた父が、
父たる傳統を失つた、その時から、
この連載の第二囘で述べた爐邊の母の物語も失はれていきました。
 
そして、やがて、日本の家庭が決定的に崩されはじめたのは、
大東亞戰爭の敗戰によつて敷かれたGHQによる占領政策以來のことです。
 
新しい教育學、保育學、教養論が、ますます人のこころを染めていきました。
 
そして、わたしたちは日本人であることを何か劣つた、
恥づかしいこととして、
云々するやうになりました。
自分自身への信頼をだんだんと失つていきました。
 
 
 
しかし、決して理論鬪爭を試みず、
神仏や先祖と繋がれて生きてゐる己れのありかたを
深く信じてゐた日本の父の姿は、
完全に失はれたのでせうか。
 
家の儀式祭祀を司り、
そこからおのづと家の道徳、躾、たしなみを、
ことばを越えたところで子孫に傳へていく父の道は、
果たして消え去つてしまつたのでせうか。
 
わたし自身、そのやうな昔の父の姿、風貌を新しく見いだし、
自分自身の中で新しく育て、
新しく次世代へ守り傳へていかうと考へてゐるのです。
 
第一囘 http://kotobanoie.seesaa.net/article/444941046.html?seesaa_related=category
第二囘 http://kotobanoie.seesaa.net/article/445052442.html?seesaa_related=category 




posted by koji at 13:27 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。