2016年11月27日

井戸端会議はやめた方がいい

 
語りあふ、と云ふことから程遠い「おしやべり」。
それはできうる限り避けた方がいい、と思ふのです。
 
そこでは、その人の身の奧の奧にこびりついてゐる泥や垢のやうなものが、
ことばとなつて不注意にまき散らかされるからです。
 
さうしてそのやうなおしやべりには、
似た者同士が寄つてくることにきつとなつてゐるから、
互ひに己れの内なる泥を舐めあつて安心することができます。
 
己れと同じ程度に互ひを引きずり降ろして人心地つくことができます。
 
そのとき、人は己れの品格をみづから下げてしまひます。
 
そして、口から出た不注意なことばは、
必ず廻り囘つて人の聞くところとなり、人韋酔Wを壞してしまひます。
 
更に必ず最後にはそのことばは己れのところに歸つてきて、
自分自身を傷つけてしまひます。
 
井戸端會議での不注意なおしやべりはロクなことにはならない。


posted by koji at 12:38 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。