2014年11月26日

12月20日(土)クリスマス祭への改めてのご案内


candle-vector.jpg



12月20日(土)の「ことばの家」でのクリスマス祭への改めてのご案内です。
 
「ことばの家」では、アントロポゾフィーから生まれていることばの芸術「言語造形」を育んでいくことと共に、アントロポゾフィーそのものへの取り組みも試みています。
 
アントロポゾフィーとは、わたしたちどの人にも、こころというものがあり、そのみずからのこころの内に精神との通い道を見いだしていく仕事です。
 
言語造形はアントロポゾフィーの芸術的・社会的実践でありますし、言語造形そのものがアントロポゾフィーであるとも、ある意味言えます。
 
人は、芸術に取り組み続けるうちに、やがて、取り組む度ごとに新しい認識を得ていることに気づき始めます。

さらに、その芸術と認識による気づきの重なりが、わたしたちにおのずからの敬虔さと情熱をもたらしてくれます。

その敬虔さと情熱は、精神という細やかで、かつ大いなる存在への、こころからの感謝と信頼の念い、信仰心といってもいいかもしれません。

その念いは、やがて、かたちと動きを持とうとします。
 
そのかたちと動きは、時に目に見えるものでもあるでしょうし、時に目には見えないものでもありますが、それらが人と人との間に働きかけます。
 
芸術と認識と信仰がひとつに重なりあう場に、こころの内に静かだけれども暖かいものが生まれ、動き出し、かたちを持ち始めるのを人は感覚します。
 
そのような場を創り続けること、それがわたしの若い時からの(幼い時からの)テーマでした。
 
そのようなこころざしからの試みが、このたびのクリスマス祭です。
 
今回を第一回目として、引き続き、試みていきたいと思っています。
 
すでにお申込みいただきました方々、どうもありがとうございます。
あと幾人かの方のためのお席があります。
共に、静かで暖かなクリスマスの時を過ごしましょう。

お申し込みは、こちらのフォームでも、どうぞ
http://www.kotobanoie.net/pray.html#christmas

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『12月20日(土) ことばの家のクリスマス祭』
 
クリスマスに、何が起こったのでしょうか。
神の子が、清められた人・マリアに宿り、
この世に幼な子・イエスとして生まれ出たのでした。
 
わたしたちの毎年のクリスマスは、
その聖き幼な子の誕生を想い出すお祭りです。
 
その幼な子とは、どの人のこころにも宿る精神の光であります。
 
クリスマスは、
その幼な子がわたしたちのこころの奥に生まれいづることを想い出し、
そのことを祝い合うお祭りでもあります。
 
「ことばの家」においても、12月20日(土)に、ささやかですが、
そのお祭りをいたします。第一回目のクリスマス祭です。
 
わたしたちひとりひとりは、
りんごに刺したろうそくの火を捧げ運び、
席につき、グリムメルヘン『白雪姫』に耳を傾けます。
そのあと、クリスマスについて輪になって語り合います。
ひとりひとりの生まれたての「ことば」を響き交わせながら語り合いましょう。
 
最後に、日本の昔話『大歳の焚き火』が語られます。
 
皆さんとクリスマスに向けた静かな時を過ごすこと。
その日をこころから楽しみにしています。
 
              「ことばの家」諏訪耕志・諏訪千晴
 
 
                          

■ 日時  2014年 12月20日(土)  午後3時〜5時(予定)
 
■ 会場  ことばの家 http://www.kotobanoie.net/access.html
     南海高野線「帝塚山」駅より北東へ徒歩5分
     阪堺上町線「姫松」駅より、西南へ徒歩約4分
     地下鉄四つ橋線「玉出」駅3番出口より東へ徒歩約15分
 
■ 入場  2000円  
       アドヴェントガーデンで使用した
       「林檎ろうそく」のおみやげ付き
 
(ご参加は大人&ご予約された方のみとさせていただきます)
 
■ 定員  20名
 
 
■ お問い合わせ・お申込み ことばの家
http://www.kotobanoie.net/access.html

■詳細 (お申し込みは、こちらのフォームでも、どうぞ
http://www.kotobanoie.net/pray.html#christmas


posted by koji at 19:07 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。