2014年05月21日

6/15(日) 言語造形で味わう『奥の細道』公開ワークショップ

00519_hukasawa_01.jpg

芭蕉没して、今年で320年。

それ以来、彼が打ち立てた俳諧という文学は、いまは「俳句」という形で多くの人が愛好し、広く日本の文化に行き渡っています。

しかし、そもそもこの詩人が成し遂げようとした仕事には、愛好される趣味としての俳句制作を超えたより大きな志のようなものがあったように思われてなりません。

言語造形のワークショップを観ていただくスタイルで、『奥の細道』のことばの響きから芭蕉の仕事が何であったのかを感じあえる時間にしたいと思っています。

百年長屋さんでの「古典に親しむ夕べ」の姉妹編(?)です。
                             


出演者:中川剛成 村上恭仁子 塙狼星 諏訪千晴 諏訪耕志  

日時:2014年6月15日(日) 午後2時開場 2時半開始

場所:百年長屋(http://nagaya100.com/access.html

参加費:ご予約1,000円  当日1,500円

お問い合わせ・お申込み:「ことばの家」(諏訪) e-mail info@kotobanoie.net
  tel&fax 06-7505-6405



posted by koji at 21:08 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。