2013年06月04日

「絵本の読み聞かせ」ワークショップ 大阪くすのき園あびこシュタイナー幼稚園



kids1107_img011.gif


各地で行ってきました「絵本の読み聞かせ〜言語造形の観点から〜」というワークショップですが、大阪くすのき園 あびこシュタイナー幼稚園にても、7月に開かれます。
http://kusunokien.exblog.jp/19729668/

「ことば」というものを改めて見直してみませんか。
そして、子どもたちとの大切な時間を「ことば」で織り成してみることの大切さに、
改めて想いをいたしてみませんか。
お時間のご都合が合う方、この機会にぜひ、どうぞ!

ご参考にわたくしのインタヴュー記事を。↓
http://www.nichinoken.co.jp/wing/magazine/2011/spe_kids1107.html



日時: 7月27日(土)10時〜12時

場所: 大阪くすのき園 あびこシュタイナー幼稚園
    http://kusunokien.exblog.jp/i9

参加費: 2000円

お申込み: くすのき園 tel&fax 06-6608-8080
※ 保育中は留守電にしてありますので、伝言をお願いいたします。
夜間連絡先    06-6661-7193 (樋口)


講師  諏訪耕志



シュタイナー教育においては、絵本だけでなく、
語りで、子どもたちに物語を伝えることの大切さが説かれています。
それは、子どもがことばのみを受け取ることによって内側に絵姿を自由に繰り広げつつ、
ことばの世界、物語の世界にファンタジーを持って生きることの重要性を知っているからです。

しかし、その他多数の教育現場、もしくは家庭においては、素話をするよりも、
絵本を通しての読み聞かせが、大人にとって、やはりより近づきやすく、親しみやすいといえるでしょう。

今回のワークショップでは、絵本を通して、どう、ことばを発していくかに挑戦していきましょう。
聴き手の内なるファンタジーをより豊に繊細に育んでいくことに、きっと繋がっていきます。

親から子どもへの声のプレゼント。
より多くの人たち、子どもたちがそんなプレゼントを日々受け取ることができることを願って。

※ご参加の際に、ご自身が声に出してみたい絵本を一冊お持ちください。





posted by koji at 18:44 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。