2009年09月26日

ぼろぼろになるまで

 ・・・と言っても、自分のことではなく、本のこと。
 本を読んでいて、自分の手で気づいたことを書き込み、線を引き、ぼろぼろになるまで何十回と繰り返し読み込んでいく、そんな本に出合えたなら、それは本当に幸福なことだと思える。
 なぜなら、一冊の本とは、ひとりの人間だからだ。そんな本に出合えたということは、そこまで信頼を寄せることのできるひとりの人に出会えたということに等しい。そして、その信頼する人を通して大事なことをとことん学ぶべく、腰を据えてその本に付き合い続ける。
 素晴らしい本は、何度読んでも、そのたびの発見、気づき、驚きがあり、こころが動かされる。そこに書かれてあることに潜んでいる細やかさ、味わい深さは、付き合い続けてみないと、前もっては決して分からない。本がそうなら、人なんて、もっとそうだ。だから結婚は、腰を据えてひとりの人と付き合い続けるということの深み、細やかさを知る上で願ってもない機会だ。(これは、また、別のはなし)
 そこで、またまた、シュタイナー。
 彼の『いかにして人が高い世を知るにいたるか』の前書きにこんなことが書いてある。

    こころの育みとして述べられていることを迎えるにおいては、
    他の論を迎えるときのように内容に親しむだけには尽きないことが必要である。
    述べられていることを親しく深めて生きることが必要である。 (P.9)

    ここでのように、生きられてほしいことごとが述べられ、見てとられるにおいては、
    内容をいくたびもとらえかえす必要があるということが明らかになる。
    ・・・人が多くをみずからにとって満ち足りのゆくようにわきまえるにいたるのは、
    いよいよそれを試し、試したあとでに、その事柄の細やかさに、
    いささかなりとも気づくにおいてである。
    その細やかさは、前もっては気づかれないものである。 (P.10)


 繰り返し読み、そこで書かれてあることを自分で試し、また繰り返し読み、また試す。そのプロセスを重ねていく程に、また人生における経験を積んでいく程に、そこにある細やかさに気づくことができるように、その本は書かれてある。時間とともに自分だけでなく本までもが成熟していくというそのことには、驚きとともに喜びがある。
 一冊の本を読み込むということの大切さ、そのことの人生におけるおおいなる意義。アントロポゾフィーの学びには多くの入り口があるが、そこのところを自分で確認しておきたかった。言いたかった。


posted by koji at 14:32 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。